ポカポカ

「有酸素運動」が便秘の解消に役立つ理由

便秘解消の為の生活改善で、「運動」は大事な要素の1つとなります。
運動することで身体の血液やリンパの流れも良くなりますし、基礎代謝もアップします。
単純にお腹の筋力が付けば、便を押し出す力も強くなり、お通じがスムーズにもなります。
それでは、便秘解消にとって最も効果的な運動とはどういったものでしょうか?

便秘解消に必要なポイントの1つに、「リラックス」があります。
これは、リラックスすることで自律神経の副交感神経が働くことと関係があります。
胃や腸といった消化器系の働きは、おもにこの副交感神経によってコントロールされています。
その為、リラックスした状況下では腸の働きが活発になるのです。
休日に家でゆっくりしている時は、平日に比べて便通が良くなる、という人も多いです。
その理由は、この副交感神経が働いているからとも言われています。

さて、このことを踏まえたうえで運動について考えてみましょう。
リラックス効果のある運動といえば、ゆっくりとした呼吸の有酸素運動が1番です。
お腹でゆっくりとした呼吸法を行うヨガやストレッチ、身体に負担をかけないウォーキング等は自然とリラックス効果を得ることが出来ます。
腹筋運動なども、もちろんお腹の筋力アップに繋がりお勧めなのですが、これだけでなく有酸素運動を組み合わせることで、便秘解消には非常に有効となります。
1日の中で、少しでも意識的に歩くことを心掛けるだけで、お腹の調子は全く違ってくるのです。
今まで無意識に歩いていた通勤、通学の時間が、呼吸を意識するだけで変わってきますので、是非試してみて下さい。

また、運動に1番最適な時間は朝の起床後とされています。
今まで寝ていた状態から起き上がると、大腸が刺激されて蠕動運動が起こります。
運動することでこの刺激はより強くなりますので、しつこい便秘に悩まされている方は朝食前の軽い運動がお勧めです。
動くことで身体もほぐれ、脳も活発に働き、スッキリと1日を迎えることが出来るのではないでしょうか。