ポカポカ

適量の「ヨーグルト」ですっきり便秘解消。コツと注意点

ヨーグルトが日本に伝わったばかりの頃は、薬や健康食品といった形で使用されていました。
発酵された乳製品であるヨーグルトは、腸に有効に働く乳酸菌を多く含むため、「整腸剤」として使われていたのです。
完全に食品の扱いとなった今でも、ヨーグルトは健康な腸を保つために人気があります。
便秘解消を考えるうえでも、無視できない食品です。

ヨーグルトにはビフィズス菌が多く含まれています。
このビフィズス菌は、腸内環境を良好に保つ善玉菌なので、多ければ多いほど便秘解消に繋がります。
ビフィズス菌を多く含むヨーグルトは、適量を毎日食べることが望ましいと言われています。
ビフィズス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんに1番多く、年齢を重ねるごとにだんだんと少なくなっていきます。
日々の生活のストレスや、生活習慣の乱れも、菌を減らしてしまう原因となります。
食い止めるためには、減る原因を取り除くと共に、生きたビフィズス菌を外から取り入れる必要があります。

生きたまま腸にビフィズス菌を届けるためには、ちょっとした工夫が必要です。
空腹のまま食べると、ビフィズス菌は強い胃酸の影響で、腸に届く前に死滅してしまう危険があるのです。
ヨーグルトを食べる時は、出来るだけ食後のデザート感覚で楽しむのがお勧めです。
他の食品を食べた後に摂取することで、胃酸からの攻撃を少なくし、腸まで生き延びることが出来るのです。

さらに、ヨーグルトにはビフィズス菌だけでなく、乳酸菌も多く含まれています。
乳酸菌には、ビフィズス菌をサポートしてくれる働きがあります。
こちらも腸まで届く前に死滅してしまうことがありますが、商品によっては、腸まで届く乳酸菌を取り入れているものも多いです。
こうした商品を選ぶことで、より一層効果が期待出来るでしょう。

最後に、ヨーグルトは便秘解消にとって非常に効果的な食品ですが、取り過ぎには注意が必要です。
忘れられがちですが、栄養価が高い分ヨーグルトは脂肪分も多いのです。
加えて、加糖ヨーグルトなどの商品を選べば、カロリーもばかに出来ません。
毎日適量を心掛け、快適な便秘解消を目指しましょう。