ポカポカ

便秘解消に効く2つの「食物繊維」

便秘解消には食物繊維がよい、とはよく耳にします。
それでは、なぜ食物繊維がよいのでしょうか。
そもそも、食物繊維とはどのようなものなのでしょうか。

食物繊維は、主に植物性の食品に多く含まれる、身体に消化吸収されない成分となります。
つまり食べたものの中でも、食物繊維の部分はそのまま便となって排泄されるのです。
食物繊維を多く摂ることで、便のかさが増し排泄しやすくなります。
その時、消化吸収された残りのカス等も一緒に身体の外に出ますので、腸内環境をよくするためには非常に有能な成分です。

食物繊維の中には水に溶けやすい水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維とが存在します。
2つの食物繊維は特性が違う為、どちらもバランス良く食べることが大切です。
水溶性については、保水性に優れ、水を多く含んで便を軟らかくしてくれる働きがあります。
また、腸内の善玉菌を増やしてくれる働きもしてくれるので、腸内環境が良い方向に改善されていきます。
不溶性は、便のかさを増やして大腸を刺激する働きがあります。
コレステロールなどの有害な物質を表面にくっつけて排泄に導く効果もあります。
水溶性に多いのが海藻や納豆等で、不溶性に多いのが野菜やキノコ類、穀物にふくまれる食物繊維です。
野菜によく含まれる不溶性の食物繊維は有名ですが、水溶性はあまり知られていません。
意識して1日の食事のどこかに海藻を取り入れるようにしましょう。

どちらも便秘解消には欠かせないものですが、どちらか1方ばかり摂取すると、逆に便秘を悪化させてしまう場合もあります。
特に不溶性の場合、こちらばかりを多く摂ると、かさは増えるのですが水分が足りなくなり、便が固くなってしまうことがあります。
そうなると排便が困難になり、結果便秘となってしまう場合があります。
不溶性と水溶性の理想的な割合は2:1と考えられています。
バランスよくこの2つの食物繊維を摂取し、しつこい便秘の解消に努めましょう。