ポカポカ

市販薬と便秘解消の関係

便秘になると、お腹が張って苦しく、そのせいで身体の他の部分にも影響が出ることも多いです。
何日も続く辛い便秘に悩まされていると、何とかしてスッキリしたい、と思うのも仕方ありません。
そうなったとき、まず頭に浮かぶのがドラッグストアなどで手軽に手に入る「下剤」でしょう。
便秘に悩む人ならば、少なくとも1度は使ったことがあるかと思います。
辛い便秘の対処法としては最も多いものかと思われます。

では、何故市販薬がよく利用されるのでしょうか。
その答えとしては、少しでも早く今の苦しい状態を何とかしたい、という思いに加えて、薬を使用すれば簡単に症状が改善されるからでしょう。
大抵の場合、便秘は長く続けば続くほど、自然な排便が困難になってしまいます。
下剤を使用すれば簡単に苦しい状況から解放されるため、ついつい手を伸ばしてしまいがちです。

また、治療に割く時間がなかなか確保できない、という理由も考えられます。
大抵の人は日々の生活に忙しく、時間に追われています。
よっぽど我慢の出来ない痛みや病気にならない限りは、病院にかかりたくはないでしょう。
便秘は立派な病気ですが、すぐに身体が動かなくなる、というものではありません。
そのため、とりあえず目先の症状を改善出来れば、という思いも出てきます。
さらに、最近は下剤の種類も様々で、極端にお腹が痛くならない商品や、同時に肌荒れに効く成分が含まれているといった商品も出ています。
昔よりもさらに手軽に、薬というよりもサプリ感覚で使用する人も増えているようです。

どうしても苦しい場合、下剤を使用することは決して悪い事ではありません。
老廃物を身体に溜めたままにしておくより、排出してしまった方が身体の調子は確実に良くなります。
ですが、下剤が癖になってしまうと、依存症になる恐れがあるということを覚えておきましょう。
下剤はあくまでも応急処置に過ぎません。
本当に便秘解消を望むのならば、時間はかかりますが日々の生活の見直しが必要不可欠になります。