ポカポカ

お腹が目覚める - 毎日の「トイレの時間」で便秘解消

トイレの時間はとても大切です。
しかし、意外とトイレの時間をゆっくりとれない、という人は多いです。
特に仕事中など、周囲に気を使って行く機会を逃してしまう人は少なくありません。
トイレを我慢してしまうと、さらに便秘が深刻化してしまう恐れがあります。
ゆったりとしたトイレの時間を確保することは、便秘解消にとって非常に大切なのです。

トイレを我慢してしまうと、しばらくして便意は消失してしまいます。
すると、次の機会までに便の水分はどんどんと奪われてしまいます。
さらに固くなってしまうため、排便はより困難になります。
そうならないためにも、出来るだけトイレを我慢しないことが大切です。
ですが、どうしても行くことが出来ない状況も、もちろんあるでしょう。
いつ便意が起こるかわからない状態では、気になって、それがストレスにもなりかねません。
そうなる前に、トイレ時間を自分で決めて、スケジュールに組み込んでみるのはどうでしょうか。
出るにしろ、出ないにしろ、決められたトイレ時間を作ることで、排便のチャンスを増やしてみましょう。

1日のタイムスケジュールの中では、排便のしやすい時間といえば起床後です。
意識的にトイレ時間を作るのならば、朝をお勧めします。
まずは、朝起きて1番にコップ1杯の水か白湯を飲みます。
動きやすい胃の中に何かが入ることで、より活動を促してくれます。
出来れば軽いストレッチなども行うと、より胃腸の働きが活発になります。
最も注意したいのは、時間に余裕を持って起きることです。
トイレタイムをリラックスした状態でのぞめなければ、排便は難しくなってしまいます。
出来れば普段の準備に加えて、20分は余裕を持つようにしましょう。

すぐには排便習慣が身に付かなくても、焦る必要はありません。
朝のトイレタイムによって、胃腸は充分に準備された状態になっています。
次のチャンスで、我慢することのないように努めましょう。
続けることで、だんだんと胃腸の動きも習慣化し、便秘解消につながってくれるはずです。