ポカポカ

快適な生活には欠かせない便秘解消 - 便秘と健康的リスク

便秘になるとスッキリせず、それだけで不快ですが、その他にも様々な不調が身体に現れてきます。
毒素が腸内に溜まることにより、身体の新陳代謝も悪くなってきます。
すると、お腹だけでなく、様々な部分に不調が出て来てしまうのです。
血流が悪くなることによる冷え、のぼせといった症状や、頭痛。
肩こりや腰痛、めまい等も挙げられるでしょう。
これらの症状の原因は、便秘のせいだけとは言えないかもしれませんが、これを解消することで確実に症状は和らぐはずです。
便秘解消は、快適な生活を送る為に非常に有効な手段と言えるでしょう。

便秘による弊害は、こうした直接的な症状だけに留まりません。
慢性的なものは、腸の中の環境を悪化させ、大腸がんや潰瘍性大腸炎、クローン病等の重い病を引き起こす恐れもあるのです。
腸の中には多くの細菌が存在しています。
その中には善玉菌と悪玉菌、そして状況によってどちらにも変わることのできる日和見菌という菌が存在します。
この日和見菌が上手く働けば、善玉菌が増えて腸内環境はより良いものとなるでしょう。
しかし、便秘が続くと、腸の環境は悪くなるばかりです。
当然、日和見菌も悪玉菌へと変わっていってしまいます。

大腸がんなどの原因が何にあるのか、はっきりとは分かっていません。
しかし、便という老廃物の中に発がん性物質があるのではないか、と予測はされています。
実際、便秘で悩む人は昔よりも増え、さらに大腸がんの発症率も増えて来ています。
データで見る限りこの2つの関連性は高いため、出来るだけ老廃物を貯めないのが1番と思われます。
潰瘍性大腸炎や、クローン病にいたっては原因が不明です。
ただし、便秘は腸の病気の中では1番ポピュラーな病気となります。
便秘解消することで、こうした病気にかかるリスクを少しでも減らすことが出来るのではないでしょうか。

短期的に見ても、長期的に見ても、便秘は多くの弊害を伴います。
たかが便秘と侮らず、毎日の生活の中で改善を試みれば、きっと身体の調子も良くなり、気分も上向きに変わっていくでしょう。