ポカポカ

便秘解消には欠かせない「海藻」の簡単レシピ

食物繊維は主に野菜に多く含まれていると考えられがちです。
実際、食物繊維を多く含む食品と言えば、野菜や(中でも特に根菜類)米などの穀物が挙げられます。
しかし、これらに含まれる食物繊維のほとんどが不溶性食物繊維といって、水に溶けないタイプのものなのです。
腸の中で、便のかさを増すことで排便を促し、便秘解消に努めます。

逆に食物繊維には水に溶けるタイプのものもあります。
不溶性に比べると、こちらの水溶性食物繊維は存在を知らない人も多いです。
海藻、穀物に多く含まれるこの食物繊維は、水分を多く含み、便を軟らかくしてくれる性質があります。
長く慢性的な便秘によってカチカチに固まった便には、不溶性の食物繊維だけでなく、こうした水溶性の食物繊維も積極的に取り入れる必要があります。
ここでは代表的な海藻類で、美味しく手軽に食べる方法を考えてみましょう。

海藻の中でもワカメは食べやすく、調理しやすい食材です。
生ワカメの他にも乾燥ワカメなどがあり、長期保存が出来るためご家庭でいつでも手軽に使うことが出来ます。
美味しい食べ方としては酢の物やサラダですが、ここでは身体をポカポカにしてくれる効果もある簡単スープを紹介します。

《ワカメとしょうがのあっという間スープ》
・材料
 乾燥ワカメ―――大さじ1
 市販のチューブ入りしょうが―――適量
 塩昆布―――ひとつまみ
 ごま油―――少々

・作り方
①スープ用のカップに材料を全て入れ、上から熱湯を注ぐ。(約100ミリリットル)
②ラップなどで蓋をし、1~2分蒸らす。
③出来上がり!お好みでしょうゆなどを使って味を整えましょう。

簡単であれば、それだけ毎日の生活に取り入れやすくなります。
しょうがを使った温かいスープは、新陳代謝も高めてくれますので朝食にお勧めです。
鍋などの調理器具を使わずに出来るので、洗い物が少なくすむのもポイントですね。
汁物であれば乾燥ワカメを戻す必要もなく、そのまま使用出来ます。
1日に1メニュー、海藻を使った料理を取り入れて、便秘解消を目指しましょう。