ポカポカ

お腹のガスもすっきり。ペパーミントハーブで便秘解消

ペパーミントは食べ過ぎ、飲み過ぎといった胃腸のトラブルに有効に働くハーブです。
消化を助けてくれて、鎮静効果もあります。
そのためイライラした気分を落ち着かせ、リラックス効果も期待出来ます。
胃腸の働きはもちろん、リラックスも便秘解消には欠かせないものです。

便秘に伴う症状として、お腹にガスがたまって苦しくなる腹部膨満感があります。
ペパーミントはこの症状を緩和させてくれるのにも役立ちます。
腸内に溜まってしまったガスを排出するのに、ペパーミントが効果を発揮するのです。
ペパーミントの主要成分であるメントールは、神経伝達物質の1つであるセロトニンの放出を助けてくれます。
セロトニンは腸に90パーセントも滞在していて、蠕動運動を促し、消化を助ける役割を担っています。
セロトニンが放出されることで、腸の調子が良くなるということです。

他にも、ペパーミントによって腸管平滑筋の収縮を抑制する効果も期待出来ます。
腸管平滑筋が収縮すると、腸を収縮させ、お腹の痛みや不快を感じてしまいがちです。
メントールの成分は、この筋を収縮させるカルシウムをブロックする働きがあります。
その為、過度の筋肉の収縮を防ぐことが出来、結果リラックスに繋がるというわけです。

ペパーミントの摂取方法は、ハーブティーや、他にも香りを楽しむことの出来る、精油やペパーミントウォーターがあります。
ペパーミントウォーターは、ヨーロッパでは便秘に伴う腹部の膨満感を改善する方法として、積極的に摂りいれられているそうです。
精油と比べると葉っぱ特有の青臭い香りがするので、苦手な方もいるかもしれません。
現在は香りと1口にいっても様々な商品が存在しますので、自分に合った商品を探してみましょう。

ところで、こうした優れた効果のあるペパーミントですが、摂りすぎると粘膜を乾かせてしまう恐れもあります。
逆に胃痛などを引き起こす可能性もありますので、摂りすぎには注意しましょう。